忍者ブログ
日常だったりネタだったり作品の進捗だったり……色々書きます。不定期に。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    空想はただ空しくて

    こんばんは若槻です。タイトルがちょっとかっこつけた感じに
    なっちゃってあげるの悩みましたがこのまま行きます。


    本日も会社でネットニュースを見ていたときに(会社に何しに行ってんだという
    つっこみはなしの方向で;)いつもと違う意味で悲しくなる記事を見つけました。
    というか、記事に対するコメント、ですかね。

    毎度おなじみ時○通信さんの記事で、「ジャンプ発売延期」という
    記事が出ていました。
    若槻も毎週読んでいるので残念な気もしますが、雑誌を送る
    ガソリンがあるなら被災地に物資を送って欲しいです。
    東北だけじゃなくてお隣茨城や福島でも危ないらしいですしね。


    そしてこれまた同じく記事に寄せられたコメントを見ていました。

    「漫画なんて読む奴みんなアホばっか。廃刊でいいよ」

    「ふざけるな! それが楽しみなのに」

    こんなコメントを寄せる人たちにももちろん悲しくなりましたが、
    一番悲しくなったのはこれでした。

    「○○がいればこんな事態……」

    という類のコメント。
    嫌だから悲しいのではありません。
    若槻も同じことを思ってしまうから悲しいのです。

    漫画や小説、ゲームに多く登場するキャラクターたち。
    「彼らが実際にいてくれたら、どれほど心強かったんだろう」

    力自慢のキャラクターが実際にいれば崩れた壁を取り除けるかもしれません。
    魔法を使えるキャラクターが実際にいればあっという間に解決することも
    きっとたくさんあります。
    氷や水を出せるなら原子炉だってすぐに冷やせたかも。
    凄い技術があれば原子炉の修復や電気の配給とかすぐに
    どうにか出来たかも。
    お金持ちのキャラクターなら義捐金や物資をたくさん寄付してくれたかも。
    人を勇気付けるのが得意なキャラクターならみんなの心を
    元気にして支えてくれたかも。

    そんな空想。
    だけど空想は空想以上になりえなくて、結局向き合わなくては
    いけない現実を思い出してただただ空しくなるばかりです。


    だから、実際の救いのために出来ることをやろうと思います。
    1日でも1秒でも早く、1人でも多くの方が救われますように。

    本当の意味の被災の恐怖や苦労を知らないくせに何を勝手なと
    言われてしまえばそれまでですが、それでも、しつこくても
    ずっと祈ります。願います。

    出来ることなんて少ないから、出来ることを頑張ります。


    ※毎回当家のキャラクターの誕生日には祝いのイラストを
     出していますが、事態が事態ですのでしばらく控えます。
     とりあえず下書きだけして、落ち着いたら色をつけようかと。




    拍手くださった方々、ありがとうございます。

    拍手[3回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    ブログ内検索
    最新コメント
    [05/27 きり]
    [01/13 きり]
    [06/06 わんこ]
    [03/30 サイトウ]
    [06/09 yu]
    カウンター
    アクセス解析


    フリーエリア
    コガネモチ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]