忍者ブログ
日常だったりネタだったり作品の進捗だったり……色々書きます。不定期に。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    最近読んだ本の感想と紹介を軽く書いてみる

    こんばんは若槻です。
    昨日からマウスピースを寝る時などにはめるように
    なったのですが(顎の関係で)、違和感ありすぎて
    気持ち悪い←

    そして今日は参議院選挙でしたね。
    果たして結果はどうなるのか……まあ、今の流れだと
    自民党圧勝しちゃいそうですがね。

    でもそれじゃあ自民の一党政治になっちゃうから
    出来ればご遠慮したいところですね。
    自民を下げるつもりはありませんが、どうしても
    一党だけで回してると滞るし癒着やら何やら増えるから。



    さて、それはともかく、本日はこれまでたまりにたまった
    読了作品の感想を述べてみようと思います。

    ここの所休みの日の朝は本を読むようになったので、
    意外にいっぱいです。ええ、全部ファンタジー系だけど←
    他のも読まないとなぁ……。

    ちなみに、最近レジーナコミックスばっかり
    買ってるせいで以下のほとんど転生物ばっかりです。

    自分で転生したいとかはないけど転生物書いてみたいな
    という気持ちはこのおかげで強まりましたね。
    うん、時間が空いたら書こう。


    では、あまりネタバレはしないようにしますが一応隠します。
    ★の数は超個人的なお勧め度。黒星が多いほど高いです。

    ※注意※
    若槻はあまり紹介文がうまくありません。











    1.「べるぜバブ」小説版(★★★☆☆)
     本編知っている人は小ネタが楽しいし、本編を思い起こさせる
     テンポのよい文章なのでさっくり読めます。
     ただ、本編を知っている人しか楽しめないですかね。
     (これはノベライズ作品は仕方ない)


    2.「ハイキュー!!」小説版(★★★☆☆)
     上と同じくやっぱり原作を知っていたら楽しめるタイプ。
     原作の裏側でこんなことあったのかーってにやにやする
     ことが出来る一品。とりあえず翔陽マジ天使←


    3.「華国神記 奪われた真名」(★★★☆☆)
     まだ1巻しか読んでませんが、神様が名前を奪われて
     人になってしまい、奪った相手を追いかけて、その途中
     色々な人と出会う、という話のようです。

     1巻の段階での内容でも結構楽しめますね。
     見せ場のシーンとか「うわあああ」ってなったりも
     しました。主人公の春蘭ちゃんと白桃(虎)が可愛い。


    4.「災獣たちの楽土」シリーズ(★★★★☆)
     全3巻です。全巻主人公は違いますが、時間の流れ上
     全てつながっています。そして後ろの巻で前の
     キャラたちが出ると思わず笑みがこぼれる。
     
     内容としては、世界に5個ある大陸にはそれぞれ守護する
     災獣と呼ばれる存在がいて、その災獣を巡ったり巡らなかったりで
     主人公たちが色々と頑張ってます。

     ちなみに、1巻は男の子が主人公で、災獣は雷を
     操る獅子です。空から落ちてきて女の子の姿で登場します。
     主人公と災獣の子と一緒に、別の国に侵略された祖国を
     取り返すお話ですね。

     2巻は1巻の主人公の子の国を侵略した国のお役人が
     主人公です。へたれで犬だけが家族でいいと言う人が
     また別の国で交渉を行うために出かけた先で苦労しつつも
     恋をして、自国で騒ぐ災獣を鎮めたりなど頑張ってます。
     最後は死んで甦ってチート級の力を持って復活します。

     3巻は残った2国のお話です。主人公は一番寒い国の王女様。
     何かを作るのが好きな職人気質な子がもうひとつの国に
     嫁ぐ試験を受けに渡り、超絶わがままな災獣に苦労しつつも
     色んな人(1巻2巻の主人公たち)と共謀してその困った行動を
     収めたりします。ちなみに恋の行方は書かれてません。
     ……まあ正直、モテるイケメンに近づけてわたわたしつつ~
     っていう系は好きじゃないので見られなくてよかったですが。


    5.「聖女の結婚 策士策に溺れる」(★★☆☆☆)
     これまたまだ1巻しか読んでませんが、主人公のリリアナが
     いいキャラしてます。いい性格の悪さ←
     内容としては、金貸しの主人公がある時仕事中に
     何かぼっこぼこにされてる男の子を発見。

     ちょうど年の離れた夫を亡くし商売が続けられるかどうか
     (女性が仕事を持つことを認められていない状況)だったため、
     彼と契約し仕事を続けられるように画策します。

     この巻のメインは遺産問題という貴族とかにありがちな
     内容でしたが、時間からはまた少し内容が変わりそうです。
     不明だった少年の素性が明らかになったので……。


    6.「詐騎士」 2巻~5巻(★★★★★)
     以前読了報告でもお話しました、「女の子が性別を
     偽って騎士として活躍する」のやつです。
     巻を重ねた結果、男装騎士から貴族令嬢に立場が移り、
     5巻現在は聖女様付きの女性騎士として立場を持ちました。
     まあ、やっぱり色々偽ってますが(笑)

     国初&唯一の女性騎士ですが、ここでも変わらず一番の
     男前っぷりを発揮してくれています。

     色々と陰謀渦巻いてきたり難しい部分も出てきますが、
     その一方でキャラたちが色々と成長したりしているのが
     見られるので面白いですね。

     あと、ルゼちゃんとギル様の恋愛どうなるか真面目に
     気になります。5巻最後でもしかしたらギル様が
     可哀想な結果になっていそうだから余計に……!


    7.「リセット」 1巻~5巻(★★★★☆)
     実は1巻を読んで時「あんまり面白くないかな」と
     2巻以降(3巻までだけど)を放置してました。
     が、最近の休日読書タイムの時にいい加減読むかと
     2巻を読んだら意外に面白くて、3巻も読了。
     さらに買うのを躊躇っていた4巻・5巻もまとめて
     買ってきて次の休みに読み終わらせました。

     内容としては典型的な転生物です。日本に住んでいた
     超不幸体質少女がちょっとした手違いで死んでしまい、
     そのお詫びに好きな選択をして次の世界に生まれ変わらせて
     くれる、ということになりました。

     選択というのはたとえば容姿やら能力やらですね。
     で、主人公の千幸ちゃんはそこで色々と、それはもう
     チート級に色々と選択した結果、ルーナちゃんとして
     異世界に生まれ変わります。

     最初はこのチートっぷりが面白くなかったのですが、
     次第に慣れてきたというか、段々楽しくなってきました。
     物語にも深みが出てきましたし、次も楽しみです。

     個人的には……5巻に出てきたご学友の女の子の気持ちが
     何か分かるので、彼女とはどんどん仲良くなってもらいたいですね。


    8.「勇者様にいきなり求婚されたのですが」(★☆☆☆☆)
     うーん、正直件の勇者様が凄く嫌いなタイプです。
     いわゆる「愛のためなら他がどれだけ犠牲になろうと
     構わない」タイプ。

     魔王に攫われたお姫さま助けて帰ってきて、お姫さま付きの
     侍女(主人公)に求婚して、それを断ったり押したりの話です。

     2巻も出てるみたいなので面白いのかもしれませんが、
     あくまで私個人としては好みじゃありませんでした。
     私同様「愛が全て」「周りの迷惑なんて知らない」タイプの
     キャラが嫌いな方にはお勧めしません。

     チート級勇者や強引気味なのが好きな人にはいいかもです?


    9.「異世界でカフェを開店しました。」(★★☆☆☆)
     特別な能力はないけど主人公・リサちゃんが凄いなぁと
     思うお話。

     「女神様の思し召し」で何故か突然異世界に飛ばされた
     主人公はその世界の夫婦に拾われ養子になりました。
     平和に過ごしていたある日、ついに彼女の不満は爆発します。
     それは、元の世界とは比べ物にならないほどまずい料理。

     次第に自分の世界の料理を自分のために作り始めた主人公ですが、
     やがて自分でお店を持つようになりました。

     特殊能力は一切なく、ただ培った料理の能力と才能で
     独り立ちしていく主人公が凄いねというお話です。
     個人的には醤油やら何やら自作出来る時点で十分凄いですが。

     完全ほのぼの系なので、凄く大きい騒ぎは起こりません。
     どちらかというと現実的な問題の方が多かったですね。

     楽しかったですが全開ファンタジーが読みたい人には
     物足りない作品でしょうか。


    10.「目隠し姫と鉄仮面」(★★★☆☆)
     自分が醜いと思い込んで引きこもる女の子と「鉄面皮」と
     呼ばれるほど仏頂面の警備団副団長の青年の恋物語。
     個人的には物凄く大好きな組み合わせです。表紙買いでした。

     内容もいい感じでした。主人公が実は美少女という
     テンプレ設定ですが、そこに惹かれたのではなく彼女の
     優しさや心遣いに惹かれたって時点で副団長GJ!!

     少しずつ歩み寄って、少しずつ心を開いて、次第に
     惹かれあっていく姿がとても好きです。
     「くっつけ、早くくっつけ!」ともだもだしたい人に
     お勧めですね。あと可愛らしい感じを見たい人。

     サブに出てくる妹と警備団団長の恋も楽しいですね。
     妹いいキャラしてます(笑)


    11.「町民C、勇者様に拉致される」(★★★☆☆)
     続きの巻が出ているようですが、2巻が見つからないので
     まだ1巻しか読んでません。

     内容としてはタイトル通り主人公が勇者に攫われる所から
     始まります。
     一般人、という話だったようですが、実は何か特殊な
     力を持っていたようです。

     作中困惑しながら脳内で盛大にツッコミ祭りを開催しながら
     頑張っているようでした。

     主人公は愉快で可愛いお嬢さんです。
     最初からラブラブなのはあれですが、段々ラブラブに
     なっていくのは好きなので勇者様にはぜひ頑張ってもらいたい。

     ちなみに旅のパーティにはあと神官様もいるのですが、
     この三人のやり取りも好きなのでラブラブになっても
     どうか置いてけぼりな感じになりませんように(そういうの苦手)


    12.「ランペイジ」(★★☆☆☆)
     珍しく男性が死んで転生したお話。
     同じく男として生まれてくるのですが、やっぱりというか、
     結構なチートキャラです。まあ、バトル自体は楽しいですが。

     内容としては、転生した主人公が育ての親が亡くなったのを
     契機に住んでいた森を飛び出し、冒険者として大暴れするよ
     な感じです。特色としては、珍しく性的な様子が出ることですね。
     男性主人公だからある意味正しいのかな?

     能力的に恐らく大きな問題が出ますし、確か続きが出ているので、
     続きはまた今度買ってこようと思います。


    13.「雇われ聖女の転職事情」(★★★☆☆)
     従来の転生物とは若干違っていて、主人公が毎日
     おうちに帰れるってのは新しいなと思いました。

     内容としては、勤めていた会社が潰れて絶賛求職中の
     主人公が異世界のスカウトマンみたいな人に誘われ
     聖女として雇われることになります。

     一日1万のお給料でお仕事するわサバサバ系の
     さっぱりさんの上イケメンにあまりときめかない
     様子が見ていて小気味良かったですね。

     自分の意思で来ているから「帰りたい」っていう
     悩みも(騒ぎがあった時以外は)なかったですし、
     他の転生物によくあるちやほや感もあまり出ておらず
     割と違う感じで楽しめました。

     まあ、ちやほやされている所はされていますが、
     主要のメンバーの内二人と喧嘩が多い上、優しいと
     思しきキャラも結構いい性格っぽいので。

     まあ、自分の意思が強い分、あまり悩みの部分が
     引き立っていなかったかな、という印象はありますかね。
     でも次も見つけたら進んで買ってみようとは思います。

     ちなみに個人的にはやりあう(叱られる)ことの多い
     相手が一番主人公に合うんじゃないかと思っているので、
     ラブ展開があるならぜひ彼にしてほしいです。


    14.「異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています」(★★★☆☆)
     これも転生物です。主人公がいきなり何かに召喚される
     というものです。

     内容は、突然いくつもの「手」によって引きずり込まれた
     主人公は、何故かステータスとかが見えたりするゲーム感覚で
     異世界で戦いますよ、みたいな。

     これもまた結構なチートですね。主人公はほぼ全種類の
     魔力を持っているし、使える能力も主人公の思い込みのまま。
     スキルも簡単に手に入り、戦闘での苦戦は正直一度も
     なかったですね。小気味良くはありましたが。

     キャラ同士の関わりは結構好きです。
     冒険者の、年が近い男の子との友情が素敵でしたね。
     他のキャラも……まあ、少々優しすぎるのは気になり
     ましたが、功績を考えたら普通かなと。

     あとは、少々盛り上がりに欠けるかな、というのは
     正直な感想です。最後の辺りで一応事件が起こりますが、
     やっぱりこれもあっさり解決してしまいました。

     内容的にも引き的にも確実に次の巻が出るでしょうから、
     どうかの判断はまた次の巻でしようと思います。





    ということで、以上、最近読んだ(一部最近じゃない)本の
    ご紹介と感想でしたー。


    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [980]  [979]  [978]  [977]  [976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971]  [970
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    ブログ内検索
    最新コメント
    [05/27 きり]
    [01/13 きり]
    [06/06 わんこ]
    [03/30 サイトウ]
    [06/09 yu]
    カウンター
    アクセス解析


    フリーエリア
    コガネモチ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]