忍者ブログ
日常だったりネタだったり作品の進捗だったり……色々書きます。不定期に。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    今さらなことかもですが


    こんばんは若槻です。
    金・土・日はジョジョで費やすと心に決めていたのですが、
    まさか予定の月曜日までぼんやりと過ごしてしまうとは
    思いませんでした。

    秋企画……本当に終わらせるつもりだったのに……orz|||



    さてタイトルについてですが、いきなり何を言い出しているのかと
    お思いの方もいらっしゃると思いますが、これはネット上で(恐らく)
    話題になっていて、
    実は私も当時反応してしまった「めちゃイケ」の
    AKB馬鹿決定戦(正式名称は多分違う)の番組がきっかけだったりします。

    まあ、それに言及したいわけではないですがとりあえずサンプルとして。

    凄い今さらですけど思ったことを書いていきます。
    隠しませんのでご注意を。







    まず、騒ぎの原因ですが、AKBの真似で有名なお笑い芸人の
    キンタロー。さんの芸に対してAKBの板野さんが冷たい態度を
    取っていた、ということです。

    こちら、番組終了後「嫌いなの?」とか「不愉快」等、色々と
    非難があったらしく今はご本人達や進行の岡村さんが
    「嫌いじゃない」とか「ただの演出」とかの
    フォローを
    入れてらっしゃいましたね。

    さてここでぶっちゃけますが、実は私も板野さんが
    キンタロー。さんのことを嫌いだとあの番組の途中まで見て
    認識してしまった口です。

    Twitterでも呟いたのでご覧になった方も
    いらっしゃるでしょうか。

    滅多にテレビを見ないので見事にテレビで言うところの
    「演出」に騙されてしまったわけです。
    最後まで見ていなかったのも理由のひとつでしょうか。


    確かに冷静になって考えてみると、彼女もプロですし、
    そういう「演出」じゃなければ明らかに憮然とした表情や態度で
    いるわけがありませんね。

    こんな私は岡村さんやその他コメント寄せてらっしゃる
    皆さんの言葉を借りるなら

    「心が狭い」
    「認識が甘い」
    「演出を分かっていない」
    「テレビを見るな」

    となるのでしょうね。


    ただ、なんですが、正直私はこの板野さんのも含め番組の
    「演出」のいくつかが不快でした。

    板野さんの場合は、相手のキンタロー。さんが泣き顔みたいな表情を
    演じていることが多いため一層冷たい対応が目立ってしまったのでしょうか。
    その対応が「何だかなぁ」と思ってしまいました。

    他にも足の匂いでいじられている子(名前分かりません)もいて、
    正直半ば辺りには「しつこいなぁ」と思っていました。
    (これは岡村さんが最初に該当の子にそういうのを告げていたようですが)

    後は、オイタしちゃった子達へのアタックですね。
    これもまあ「演出」なのでしょうが、いちいち突っついては普通なら
    傷つくような言葉も吐いていたと思います。
    1回、2回ならいいですが、流石にそれより回数が増えるとやっぱり
    不快でした。



    以前別の記事でも話したかと思いますが、私はテレビでのこういう
    「演出」が嫌いです。

    無論、楽しんでいる人がいるのも事実なのでしょうが、
    私には理解出来ない領域です。

    以前同じくTwitterで「VS嵐」を観た後にアンジャッシュ?のコジマさんへの
    周囲の対応が不快で「あれが面白い人はどうかしている」と吐き捨てました。


    こうなると、上述の通り「テレビを見るな」に帰結してしまう話かもしれません。

    ですが、人の触れられたくないであろう部分をしつこくつついて笑いにする、
    周囲から冷たく扱われている場面を笑いにする、不仲を「演出」して笑いにする、
    という風潮は正直苛めの流れだと思っています。

    実際、「苛めると周りにウケるから苛めた」という例だってあるわけですし。

    もちろん、規制規制ばっかりじゃテレビが面白くなくなってしまうでしょうし、
    私が「苛め」に過剰反応しているだけかもしれません。それは認めます。

    (余談ですが、私は明確な苛めにあったことはありません。
    小学生の頃一過性の、まるで当番制のようなものに当たってしまったことは
    ありましたが。それだけでも結構ダメージでしたし、そもそも人が傷付く状況が
    好きじゃないんです。皆さんと同じですよ)


    閑話休題。


    岡村さん曰く、

    「これからは、テレビ画面に『バラエティー番組でコントやってます』って、
    出さなあかんのかな。これは今の時代がそうだからという問題ではない」


    だそうです。
    勘違いした私が言う台詞じゃないですが、そこまでする必要はないと思います。


    ただ、出来れば知っていて欲しいのはその「演出」に不快になる人もいる、
    ということですね。

    「演出」と理解して楽しんだ人がたくさんいるのは事実。
    「不愉快だ」と眉をひそめたことが「演出」であったのも事実。
    ですが、炎上を起こすほど「演出」に不快を覚えた人がいるというのも
    また事実です。

    批判した人を非難するだけでなく、その事実もしっかり認識して
    いただきたいところですね。

    ……もっとも、今回は良くも悪くも有名なAKBが対象だったから余計
    広まってしまった、というのも理由にはあるでしょうが。



    「演出」とやらは難しいですね。

    小説、漫画、アニメも同じ事が言えますが、バラエティーは
    実物の人間が対象ですからね。余計気になってしまうのかもしれません。
    (実際私はアニメの時は平気だけど実写映画になった途端無理、というのが
    いくつかあります)



    私も人様に不快を与えない作品を作れるように気をつけていきたいと思います。


    おしまい。



    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    ブログ内検索
    最新コメント
    [05/27 きり]
    [01/13 きり]
    [06/06 わんこ]
    [03/30 サイトウ]
    [06/09 yu]
    カウンター
    アクセス解析


    フリーエリア
    コガネモチ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]