忍者ブログ
日常だったりネタだったり作品の進捗だったり……色々書きます。不定期に。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    孔明さんと「僕らの世界」

    今日の若槻の1日はその2つのためにありましたw


    午前中から午後の頭にかけては「黒龍姫」の孔明(諸葛亮)と
    その関連のもの合わせて2枚を描いて、アップしました。

    こちら丈さんに「早く出して」と頼まれていたものだったので
    アップしたことを丈さんにメールしたら、早速描いてくれている
    みたいです。すでに「私」の孔明が携帯で送られてきました。
    さて、彼女の日記に果たしてうちの孔明さんは載るのでしょうかw


    で、午後には「僕らの世界」の続きを書きました。
    今日には1部アップできると思います。
    「小説家になろう」にですけど^^;

    「僕らの世界」第1話もそろそろ終わりそうです。
    次(第2話)も考えなくちゃな~(´∀`)

    下に続くのは単なる愚痴なので気分悪くなりそうな人は
    読まないことをお勧めします( ̄3 ̄)





    ==========================================

    今日の午後に「僕らの世界」に取り掛かる前にガソリンを入れて
    来ようと思って出かけました。

    でもその前に銀行に行って金を下ろしてこよー、と思い
    銀行に行きました。

    若槻がいつも行く銀行は目の前に公共の駐車場があります。
    田舎なので停めるのただです。誰も咎めません。

    で、若槻はいつものようにそこに入りました。

    ですがそこには山のような車の数々。本来停めてはいけない所にまで
    停めてある始末です。

    「何だこれ……? まあいいや。出よ」

    よく分からないまま2つある出入り口のうち、今入ってきた側とは
    別の出入り口に車を進めました。

    すると、入り口付近に停めてあった車が凄く下手な停め方を
    してあって上手く出れません。
    ではバックしようかと思うと後ろにも下がりきれないくらい車が。

    結局そこから脱出するのに5分以上前進・後退を繰り返しました。

    別にあそこは公共の場ですからたくさん駐車してることに
    文句は言いません。
    ですが停め方半端にするのはどうなんでしょう。
    たくさんいるからこそちゃんと停車するのはマナーのはずです。

    周りの事考えられない勝手な人は車に乗るのを遠慮して欲しいと
    思ってしまう今日この頃でした(-“-)

    拍手[1回]

    PR

    無題
    そうですね
    気持ちわかります
    一日お疲れさまでした
    Re:無題
    ありがとうございますミキちゃん(´∀`)

    とりあえずしばらくはあんな状況ごめんです。
    というか二度と勘弁して欲しい……;
    【 管理人若槻風亜 2010/04/05 22:24】
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [68]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    ブログ内検索
    最新コメント
    [05/27 きり]
    [01/13 きり]
    [06/06 わんこ]
    [03/30 サイトウ]
    [06/09 yu]
    カウンター
    アクセス解析


    フリーエリア
    コガネモチ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]