忍者ブログ
日常だったりネタだったり作品の進捗だったり……色々書きます。不定期に。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    「彩雲国物語」最新刊

    を、読みました。
    今さらですけど、この話って最初の頃から随分感じ変わりましたよね。

    最初の頃は秀麗ちゃんと陛下の恋物語だったのに、段々と
    (あそこのお国の)政治的な問題がメインになってきて。
    しかもその「最初の頃」の「人のかかわり」じゃなくて
    「背景」とか「状況」とかもしっかり取り入れられているんですよね。

    ぶっちゃけ私このお話はこの政略パート的なノリになった頃から
    好きになりました。
    恋物語はあっちこっちにありますけど、これだけ「文官」の仕事を
    メインにした話ってなかなかないですよね?
    (↑私が知らないだけかも)
    大体中国ものって武官とか武人メインですし。

    若槻は武闘派主人公ばっかり書くんでこういう話にすごく
    憧れます。

    自分で考えるんだから「こういう裏が」って考えるのは
    読む側よりは楽なのかもしれませんが、それでも素直に
    頭がいいなと思います。

    高校の頃友人と「どこまで考えて書いてるんだろうね」と
    話したことがあります。
    とても伏線とは思えない内容が実は後になってみたら
    伏線だったり、何気ない行動が後々重要なことだったと
    明かされたり、読んでいて「なるほど」の連続です。

    それが衰えることなく、それどころか勢いを増している
    ところが憧憬を抱かざるを得ません。

    私もこんな風に頭のいい人が出てくるような話を
    書けるようになりたいです。
    若槻自身が猪突猛進猪武者タイプなのでどうにも
    うちの子達はその手のタイプが多いです。
    頭いいはずのキャラクターもそれっぽく見えません。

    とりあえず作者自身が落ち着きをつけて深く物事
    考えられるようになりたいと思います。

    あとはキャラクターをもっと動かせるようになりたいと
    思います。
    このお話はキャラクターがとっても人間くさいです。
    作者の雪乃紗衣先生の人柄なのか少し皆同じような
    テンションと口調で話すところも目立ちますが、
    それでも十分引き込まれる語り口です。

    私ももう少しキャラクターの魅力を引き出せるように
    勉強しよう。うん。




    ところで「彩雲国物語」ってどうしてこう「三国志」とか
    「水滸伝」とかの人の名前がいっぱい出てくるんだろうw?
    (楊修→曹操に才能を嫉妬されて殺された人
     荀彧→言わずと知れた曹操の軍師
     燕青→「水滸伝」の人。若槻もよく知らない
     燕青の過去に関わりある人→大体「水滸伝」関連
     他にもいるかもだけど覚えてないw)

    拍手[1回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    ブログ内検索
    最新コメント
    [05/27 きり]
    [01/13 きり]
    [06/06 わんこ]
    [03/30 サイトウ]
    [06/09 yu]
    カウンター
    アクセス解析


    フリーエリア
    コガネモチ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]