忍者ブログ
日常だったりネタだったり作品の進捗だったり……色々書きます。不定期に。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    最近ニュース見るたびにみっともないなと思ったり

    こんばんは若槻です。足元だったり足の上だったりにチビ猫が
    寝てくれるのはあったかくて嬉しいんですが動きたい時に中々
    (心情的に)動きがたいのが難点だと思います。


    さて、本日は政治に関して思ったことをつらつら述べているので
    見たくない方はバック推奨ですノシ






    まず最初に書いておきますが、別に若槻は民主推しでは
    ありません。菅さん擁護でもありません。


    「管おろし」「政権奪回」「内閣不信任案」

    最近TVやネットでニュースを見るとこれでもかというほどやってますね。
    正直見ていて呆れます。特に、国会で躍起になって菅さんに
    「責任」「責任」って投げつけている場面を見ると。

    確かに、原発やら震災やらの対応は遅かったと思います。
    ですが未曾有の事態だから多少は仕方ないことでしょう。
    (もちろんそれで全ては済みませんし、菅さんの責任は十分あると思います)

    ですが、今国会が、政治家がやらなくてはいけないことは果たして
    菅さんを責め立て彼を退陣させ民主を貶めることでしょうか。
    答えは否。決まってます。
    今何をしなくてはいけないか。自分たちが政権を取ることよりも、
    自分たちが守らなくてはいけない国民のことを考えて、そちらに
    目を向けて欲しいです。

    あれだけ集まった義捐金。
    一体どこにありますか? どうして回りきっていないんですか?
    人手が足らないと報道されているのを見ましたが、それをどうにかするのが
    政府ではないのでしょうか。

    どうしてそのやるべきことを放棄して「今」相手を貶めることを考えるのでしょう。
    今やるべきことは喧嘩ですか?
    政府の、政治家の皆さんには未だに避難所で生活している方たちの姿が
    見えないのでしょうか。
    その他にも、自宅にいられても自由が利かない方たちだってたくさんいます。


    パソコンの前で情報を見たり、実際に被災地入りした会社の人たちの
    話を聞いただけの私にもどれだけ大変かは伝わります。
    それなのに、どうして中央にいるはずの政治家の皆さんは
    立ち止まって責任を負わせて足を引っ張り自分たちがのし上がろうと
    しているんでしょうか。

    はっきり言います。なんてみっともない。

    そこはあなた方が意地を張り合い自尊心を保持する場所ではありません。
    日本という国を支える場所なのです。
    私的な意見ですが、下にいる人間はトップを気にしません。
    「出来る人」、「やってくれる人」ならそれでいいんです。


    今退陣して、退陣させて、何が変わります?

    私は何も変わらないと思います。いえ、むしろ混乱が大きくなる気がする。
    混乱統治の指揮者が代わっても、その代わった時にどれだけの新たな混乱が起こるか。
    何度も政治指導者のトップを挿げ替えている私たち日本人は
    嫌でも分かっているはずです。


    菅さんを辞めさせたいなら、内閣を解散させたいなら、民主を落としたいなら、
    全てが終わってからでもいいじゃありませんか。
    現地の人たちは協力し合っているのにどうして一番手を取り合わなければ
    いけない政治家の方たちが喧嘩しているんですか。

    こんな時にまで争わないでくださいと、本当にそう思います。

    菅さんのリーダーシップの有無については疑問がないわけではありませんが、
    今トップが代わったら手足も同様に代えなくてはいかないわけで、
    それは明らかに混乱の元であり復興支援の足かせです。

    交代期というのはどんなに気を遣っても大なり小なりの混乱が起こるものです。
    それは学校などで委員や部活の引継ぎなどを経験したことのある方なら
    分かることではないでしょうか。




    というか、ここからは純粋に愚痴なんですが、今上にいる政治家の
    人たちって結局お金持ちの人たちばっかりなんですよね。
    親が政治家だっていう2世とか。

    この世には2世の法則というものがありますよね。
    親がどんなに頑張っても子供に渡せないのは親が積んできた
    経験です。親が偉大だったからって子供が立派とは限りません。


    本当に志の高い人は消されたり下に滞ってるとかありそうですよね。
    漫画みたいに。



    さて、とりとめのない感情任せの文章となりましたが、最後にひとつ。

    私は正直政治家は誰でもいいんです。
    ただしこの頭には「自己主張・自己満足のためではなく真に
    国民およびこの国を思っている人なら」という長い前提が入ります。

    とりあえず、喧嘩しないでください。
    議論と野次を飛ばしあう言い争いは違います。


    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [497]  [496]  [495]  [494
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    ブログ内検索
    最新コメント
    [05/27 きり]
    [01/13 きり]
    [06/06 わんこ]
    [03/30 サイトウ]
    [06/09 yu]
    カウンター
    アクセス解析


    フリーエリア
    コガネモチ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]