忍者ブログ
日常だったりネタだったり作品の進捗だったり……色々書きます。不定期に。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    叩かれてんなぁ

    みなさんこんばんは。気温の急下降に体温調節機能がうまくいかない
    若槻です。寒いの嫌いだけどいきなり寒くなるのはもっと嫌いだぁぁ(ノд`。)


    さて本日ですが、Yahoo知恵袋で偶然見つけた論戦(?)を見て
    「うはー」と思ったことを。

    賛否両論相見える。その名は「ガンダムシード(ディスティニー)」。
    (ファンの人に「英語で書け」って怒られそうだけど許してくださいまし;)


    若槻は兄の影響で昔からガンダム好きだし自分でもいつかそういう
    物語を書いてみたいなぁと思っています(まあ、この手の個人作品はどうにも
    勢いを振るわないとは言われているらしいですがそこは頑張るぞということで)

    しかしながらガンダムXより数年の時を経てついに始まった次なる
    ガンダムシリーズのSEED(こうでしたっけ?以下種)は1話を見た時点で
    やめました。なんというか、絵が受け入れられなかった。

    「中身を見ろよ」と言われそうですが、いや全くその通り。
    観たら印象も変わるのかもしれません。なんといってもアニメですしね。
    でも好みがちょっと合わなかったんですよねー^^;

    なんでしょう、知恵袋の方に言わせると「懐古的。っていうか頭固いww」
    だそうなんですが、あの少女マンガみたいな大きいお目目がどうにも……。
    きれいなんですけどね、細かいし。

    ただ、女の子が可愛いのは大歓迎なんですが、男キャラまで
    きらきらなのがちょいと残念。

    というかおっさんが少ないじゃないですか!?←そこかよ
    もっと渋いおっさん出せばよかったのになぁ。主人公たちが
    若いんだからそれを正してくれるアドバイザー的な人がいれば
    よかった気がします。これだけの情報でも明らかに死亡フラグ
    立っている人だろうとw



    まあ、というわけで内容はほとんど分かってないですね。
    確か私たちが中学時代の頃の作品だと思うんですが、
    友人たちは好きだったみたいですけどいまいちその話には
    乗れませんでした。
    他のガンダムなら多少いけたんですがねw
    (いや、分からないのの方が多いんですけどね;)

    なので、分かってないので内容・ストーリーについては
    ノータッチで行きます。それやると痛い○○厨の人たちみたいに
    他作品見てないのに「××最強だから。他雑魚過ぎww」とか
    言っているのと変わりませんので……。

    あ、これも種と運命見なかった理由かも。
    このふたつって厨に入るほどコアな方々とアンチの戦い激しかった
    ですからね。なんかげんなりすると言うか……。

    もちろん、純粋に好きな方も冷静に判断して「ない」と思った方も
    いるでしょうから全てとは言いませんが。というか言えませんが。



    以下はちょっと個人的な批判入るんで、種好き、特にキラ好きの
    方はご覧にならないことをお勧めします。
    (続きタイトルからして気に食わなかった方はごめんなさい)

    ※スパロボZやった感想と思ってください






    ===================================================


    若槻大好きなスパロボZにも種と運命のキャラは出てきます。
    ちなみに運命設定です。

    で、運命設定ということで運命の主役面々は味方側、種の面々は
    敵として出てきます(単純にそういう括りではないですが)。
    もちろんその中にはキラも含まれます。


    ゲーム中ではキラとラクスが兵隊に襲われ、そのことに不振を持った
    キラが「信用ならない」といって独立した武力団体となりあちこちの
    戦場に現れるようになります。

    彼が掲げるのは「不殺」と「平和」。
    志だけならばご立派ですが、アニメ当時にも騒がれていた通り、
    彼の志はそうと呼ぶのもおこがましいほど、どうにも独りよがりな気がしました。

    どうやら原作では彼は「最強」扱いらしいです。
    そんな彼は戦場に現れるとプレイヤー側も敵側もお構いなしに
    攻撃していきます。ただし殺さず、武器やらスラスター(推進装置)を
    壊し、動けなくします。


    けど、戦場ですよそこ。


    動けなくした後に何かしらしてくれるならいいですよ。
    たとえばキラが動けなくして他の仲間がそれを救援して他所に
    置いてくるとか、別の敵に襲われないように守ってくれるとか。

    だけど、キラとお仲間一同は一切それをしない。
    動けなくしたら放置か別の仲間が止めを刺します。もしくは敵側が
    止めを刺します。そりゃ来ますよね、戦場だもん。武勲稼ぎに
    来ますよ。

    そんなことも分からないで次々に境なく「敵」を行動不能にしては
    間接的に殺していく。
    そのくせそれを怒られると「あなたたちには分からない」と逃げていく。
    「僕たちは正しいことをしているのに」とまるで悲劇のヒーロー気取り。
    ゲームプレイ中は中のキャラクターたち同様腹が立って仕方なかったです。
    (単純思考なので感情リンクしやすいんです ̄v ̄;)


    殺したくないって言う気持ちは分かります。
    若槻宅にも不殺を掲げる子はおりますし……。
    それを実行できるだけの能力をきっと彼は持っているんだと思います。
    けれど彼は「不殺」の志の難しさ、大変さ、重さを分かっていないような
    気がしました。

    周知の通り不殺は殺す気でかかるよりも何倍も大変な道です。

    それは単純に動けなくすれば何とかなる話ではないでしょう。
    まして彼が動くのはどこかとどこかが戦っている戦場であって、
    敵はキラたちばかりじゃありません。
    たとえばキラたちが全員不殺を徹底したとしても、落とした相手を
    守る義務は落とした側のパイロットに生じます。

    もちろん普通の場合はそんなことありませんが、不殺であるなら
    そうしなくてはいけないでしょう。


    本編中は多分シンたちの所の艦長さんが言ったんだと思いますが、
    ゲーム中ではせっちゃん(ランドルートでは多分ランド)がキラたちの
    説得をします。


    「自分たちが正しいと思うのなら言葉を尽くしてください!」


    全てはこの一言に尽きるとさえ思ってしまいます。
    ゲーム中ではキラたちも自分たちが言葉を尽くしていないと
    思い至り仲間になります。

    とても簡単で初歩的なことですが、だからこそ気付かなかったのでしょう。
    彼らは強い力を持っていて、実力行使が出来る人間だったから。

    だけど弱い人間はそれが出来ない。だから言葉を尽くすことを最初に
    考える。……なまじ力が大きいのも考え物ですね。


    まあ、というわけで作中和解したにもかかわらず今でもキラは
    好きくないです。どうにも上から目線で自分たちが何よりも
    正しいって思っているように見えたので。
    まあ、作品の表し方次第でもあるんですけどね。



    ちなみに若槻シンの方は結構好きです。
    運命も本編見てませんしゲーム中でもあちこちで暴走しがちで
    「お前も少しは落ち着けよマジでΣ!」って感じだったんですが、
    Z作中でせっちゃんに対して敬語で素直で認めてる感じだったので。
    ※若槻はオリジナル大好き人間な上にせっちゃんラブなのでv
     Zでうちの主力は必ずせっちゃん。ボスの攻撃かすりもしないb
     ただしかするとヤバイΣ((゜д゜;)){装甲は改造でしかやってない……


    あれ、最後がせっちゃんオチになってる?
    まあいいや。以上でした~。


    種好き・キラ好きの人は個人の意見として捉えて流してくださいノ


     

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    ブログ内検索
    最新コメント
    [05/27 きり]
    [01/13 きり]
    [06/06 わんこ]
    [03/30 サイトウ]
    [06/09 yu]
    カウンター
    アクセス解析


    フリーエリア
    コガネモチ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]